trial_course

コース概要

カーデザインアカデミーでは、「オンラインで本当にカーデザインが学べるのか?」といった不安を解消するため、`超`短期受講型の「トライアルコース」をご用意しました。このコースには「カーデザイントータルコース」の人気レッスンが集約されています。アカデミーの特徴である”動画での添削”や、”添削後の講師による電話サポート”などの充実したサポートをぜひご体験ください。

コース内容

<ストーリー>

あなたは現在、あるデザインカンパニーに雇われていて、プロジェクトを一つ任されることになったという想定で、考えていきます。そのプロジェクトで、あなたはある自動車会社に、今から10年後にデビューする新しいコンパクトカーのコンセプトをプレゼンテーションをすることになりました‥‥

Lesson 1: スケッチで大事なことを理解しよう
trial_lesson 01 元日産自動車デザイナー山下敏男氏による『スケッチで大事なこととは』を収録した講義ムービーです。勝てるスケッチとはどういったものなのか?スケッチスキルで磨くべき重要点も説明しています。
Lesson 2: 自動車を企画するとは?を考えていこう
trial_lesson 02 元日産自動車デザイナー山下敏男氏による『自動車における企画とは』を収録した講義ムービーです。企画をどのようにすれば、良いデザインに繋げられるのか?なども説明しています。
Lesson 3: あなたが考えるコンセプトカーを企画しよう (添削付き)
trial_lesson 03 例えば「10年後にデビューすることになる、あなたの国または町で使われるコンパクトカー 」という仕事の依頼がきたとします。お客様の要望に沿うような、スタイリングコンセプトを考えていきましょう。
Lesson 4: コンセプトを基にスケッチを描いてみよう (添削付き)
trial_lesson 04 レイアウト図に乗せてオリジナル案のクルマをデザインします。レッスン3で考えたコンセプトを基に、自分が思い描くクルマをスケッチしてみましょう!

添削について

トライアルコースでは、2回の添削を受ける事ができます。
*受講期間以降もシステム(動画やテキスト)は閲覧できますが、添削は期間を過ぎると受ける事が出来ませんのでご注意下さい。

レッスンの流れ

まずはじめに、学習の進め方や注意点などのオリエンテーションを実施します。
受講中にわからない事があれば、専用チャットにて質問が可能です。
*レッスン1と2は講義教材による学習です。添削とメンタリングはレッスン3と4に付帯されます。

添削動画例

Lesson3と4の実践編にて、ご提出いただいた各作品に対してプロが添削します。

添削アドバイスを受けた受講生の感想

“これほど濃密なフィードバックを受けられるとは思っていませんでした”大瀧裕也/大学生

大学ではデザインを専攻しているわけではないが、以前から自動車業界への就職に関心があり、どのような部署で活動するにせよ、現場ではカーデザインに関する一定の理解が必要だと感じていた。海外の専門学校へ留学も考えたが、就活のタイミングとの兼ねあいが難しいこともありましたが、フィードバックを受けられて良かったです

“自分が描いたイラストの上に、添削していく様子を動画で見れるのがわかりやすい”高橋哲也/社会人

仕事をしながら受講するにあたり、時間的な部分を確認したかったのと、レッスンのペース、受講方法を確認したかった。どうもつじつまが合わないなぁと思っていたのがパースを修正することで解決され、やはりプロに添削してもらうことは重要なことだと感じました。

“自分の中にあった「何かが違う」という違和感を、的確にアドバイスしてくれました”発地昇太/大学生

大学で、デザインについて学んでいるが、そこではカーデザインの事が学べなくて学ぶためには卒業後、専門とかに行かないと行けないが、そんなお金はないのでカーデザインは、諦めていた。そんな時にTwitterでCDAと出会って、やれることからやってやろうと思い受講した。自分の中で、何かが違うと思っても分からなくて講師の方がそこを的確にアドバイスしてくれた点はすごく、ありがたかった。

“スケッチの良いところやもっと伸ばしたほうが良い箇所を丁寧に教えていただいた”宍戸勇也/社会人

インターネットを介して学ぶという方法に不安があったので、どのように学べるのかを知りたいと思い受講しました。スケッチの良いところやもっと伸ばしたほうがよいところを解りやすく丁寧に教えていただいたのでとても参考になりました。テキストは細かく動画を何度も繰り返せば、未経験の私でも理解できてスケッチができました。

“相手の立場になって丁寧に説明してくれる講師だと感じた”山下悠/社会人

年齢を考慮した上で、現状の生活環境(仕事)を維持しつつ、カーデザインを勉強する方法がないのか情報収集していた。夢を叶えるチャンスを掴みたく、まずは行動しようと思い受講した。私が表現しきれなかった線を、立体的・現実的に描き起こしてもらえたので、どれだけの違いがあるのか視覚化でき、次に活かせる。受講生が描いたスケッチの線を見て、スケッチに対する思いを見抜いてくれた。

“アドバイスを思い出しながら練習することでトライアルコースの期間でもすぐに上達することができた”神代真徳/学生

受講後の印象としては非常に丁寧でした。かつ分かりやすいです。

“今後、続けていけばうまく描けるようになるのではないかと、自信になりました”三島木/社会人

以前より、カーデザインに興味があり、色々調べていましたが、通学制の学校しか見つけられませんでした。コース内容はとても分かり易く説明していただき、自分の弱点が少し見えた気がしました。今後、続けていけばうまく描けるようになるのではないかと、自信になりました。

“論理的観点からの指摘で自分としても大いに納得のできる添削でした”繭山俊/学生

実際独学で勉強しているよりも、きちんとした方に教わる方が安心感もあるので、よかったなと思っています。

“明確なコメントでどこを改善すべきかが見えました”三野桃佳/大学生

大学でモビリティデザインを専攻していたものの、同じ専攻のメンバーの中と実力の差を感じ、一番自分が出来ていないことがスケッチだと感じていました。わかりやすく、繰り返して参考にしました。ので、プロの手元を繰り返してみることができるのはとてもありがたかったです。

トライアルコースのお申し込みはこちらから



 
Facebookでシェア Twitterでシェア はてなブックマーク Google+でシェア  
CAR DESIGN ACADEMY

TOPへ